別冊ポケット倶楽部

アパート・マンションオーナーのための
法律Q&A

本書は賃貸住宅のオーナーのために
発行しました。

 入居者とのトラブルにおいて、オーナーにとって大切なことは、争いごとが生じないように事前に対処しておくこと、生じても早い時期に最小限の労力で解決できるよう事前に準備しておくことです。
 本書では、オーナーが争いごとでなるべく不利にならないためには、事前にどのような対処をすべきか、どのような考え方でトラブルに臨むべきかの視点で編集しました。


ポケット倶楽部編集室 編
弁護士 武内大徳 監修
諏訪書房新書
(株式会社ノラ・コミュニケーションズ)
定価 2,000円 +税

 
【監修者紹介】
武内 大徳(たけうち・ひろのり)
武内法律事務所。横浜弁護士会所属。民事、刑事全般と企業顧問として弁護士活動。横浜弁護士会の民事介入暴力対策委員会、犯罪被害者支援委員会のメンバーとしても活躍。1968年生まれ、神奈川県出身。中央大学法学部卒。



1. 賃貸住宅経営と法律
Q.部屋を貸すのに、使賃貸契約と賃貸仮契約とがあると聞きました。どう違いますか?
Q.定期借家権とはどのようなものですか。その契約でのオーナーのメリットはどのようなことですか? ……など


2. 家賃未払いや値上げのトラブル
Q.家賃の滞納に困っています。どのような対策をとるべきですか?
Q.家賃を滞納したまま失踪した入居者の荷物を処分してもかまいませんか? ……など


3. 契約更新や現状回復の問題
Q.建て替のために契約更新を拒否したところ、引っ越し費用をなどを要求されました。払う必要はありますか?
Q.「更新料(一カ月分)は払わない」と主張する入居者がいます。更新料を請求することができますか? ……など


4. 入居者や居住者のトラブル
Q.水漏れがあったので不在中の入居者の部屋に入りました。後日「住居侵入罪で訴える」と言われましたが、罪になりますか?
Q.退去させることが裁判などで正当と認められた場合、強制的に退去させる方法はあるのですか? ……など



5. 売却・譲渡、承継に伴うトラブル
Q.アパートの売却を検討しています。入居者に知らせる必要はありますか?
Q.すでに入居者がいるアパートを相続しました。家主変更にともなう契約の見直しは必要ですか? ……など


 
アマゾンで購入する

※Amazonからのご購入なら、カードでのお支払いも可能で、送料も無料となります。



※ 現在品切れ中

≪法人専用≫
単価  : 2,000 円+税

アパート・マンション
オーナーのための法律Q&A
「20部 一括購入特別割引」

価格  : 20,000 円+税
※法人買掛処理(請求書払い)

※ 現在品切れ中

≪個人・法人≫
【1部購入】
2,000円
+税
※カード払い

【20部 一括購入特別割引】
20,000円
+税
※カード払い
 



1333円〜

当社出版物の電子版は、下記の電子書店からご購入ください。

書店のロゴをクリックすると書籍購入のページに移動します。
電子版価格は書店により異なることがあります。電子書店ホームページでご確認ください。