諏訪書房 出版物のご紹介
諏訪書房新書

組織の「伝達力」を高める
伝える能力の基本


企業間の競争において、企業が持つ「専門技術」のレベルが高いに越したことはありません。しかし、技術が高ければ物は売れるか、またお客様に受け入れてもらえるかというと、なかなかそうはなりません。今や、製造業においても、サービス業においても、「製品が良い」「耐久性が高い」「品揃えが多い」「店がきれいだ」だけで通用する時代ではないのです。
今、見逃してはいけないことは、技術に加え「お客様とのコミュニケーション力」、特に「伝達力」が重要なのです。お客様は、「技術力」と「コミュニケーション力」の総合点で企業とその商品を評価します。(本文「伝える能力の基本について」)

ラポールを理解するための本
ラポールとは「円滑にコミュニケーションができる土台となる健全な人間関係のこと」 本書は、お客様とラポールを形成するための伝える能力の基本についてまとめた社員教育読本。

ラポールとは「心の架け橋」、相手の世界に入り込む能力。例えば、訪問セールスの人が、出会い頭に「何かお困りのことはないですか?」と質問したら、多くのお客様は「嫌だ」と感じます。相手に配慮をし、何らかのラポールが架かり、心理的距離が縮まった段階で「質問に答えてあげよう」という気持ちになるのです。ラポールとは「相手の世界に入り込む能力」。(本文「伝達力の要素とラポールの関係性」より抜粋)

関連記事はこちら

杉山 信朗 著
新書判 160ページ
諏訪書房新書
(株式会社ノラ・コミュニケーションズ)
定価 2,000円 +税

【著者紹介】
杉山 伸朗(すぎやま のぶあき)
中央大学理工学部卒業、ビジネス・ブレークスルー大学院大学(Kenichi Ohmae Graduate school of Business)修了(MBA)。
SEを経て経営コンサルタント業を開業。経営コンサルタント杉山伸朗事務所にて経営コンサルティング、企業人材教育を展開。鉄道会社や製薬会社などの大企業から、燃料販売会社など中小企業まで多くの企業の人材教育等を担当。株式会社日本能率協会マネジメントセンター委嘱コンサルタント・委嘱講師、社団法人日本能率協会委嘱講師。

はじめに
第1章 伝える能力の基本について
第2章 伝達力を構成する5つの基本力
第3章 伝達の基本力を高める5つの論理的思考力
第4章 「伝達力」の要素とラポールの関係性
第5章 伝達の品質を高めるための「質問力」
第6章 「説明力」を鍛えて伝達効率を高める
第7章 組織の「伝達力」を高めるために
質疑応答から

 

アマゾンで購入する

※Amazonからのご購入なら、カードでのお支払いも可能で、送料も無料となります。


※ 現在品切れ中

≪法人専用≫

「20部 一括購入特別割引」
価格  : 20,000 円(+税)
           

「50部 一括購入特別割引」
価格  : 40,000 円(+税)
           

※法人買掛処理(請求書払い)

※ 現在品切れ中


≪個人・法人≫
【1部購入】
2,000円
+税
※カード払い

【20部 一括購入】
20,000円
+税
※カード払い

【50部 一括購入】
40,000円
+税
※カード払い



1,333円〜

当社出版物の電子版は、下記の電子書店からご購入ください。

書店のロゴをクリックすると書籍購入のページに移動します。
電子版価格は書店により異なることがあります。電子書店ホームページでご確認ください。